プリント方法

弊社では以下のプリント方法にて商品やデザインによって、より良いプリント方法をご提案させていただきます。
プリント方法-シルクスクリーン

【シルクスクリーンプリント】プラスチック、紙、金属、布と素材を問わず印刷可能なプリント方法で、大量製作のコストダウンに最適なプリントです。単色での製作で良く使われる方法で、特色DICカラー指定などインク調合により、かなり細かい色指定が可能です。

プリント方法-カッティング転写

【カッティング転写プリント】主に布製品(Tシャツ・トートバッグなど)に使用されるプリント方法で、シルクプリントのように製版が不要のため、1枚から格安で製作可能です。特殊シート(ラメやアニマル柄)で通常プリントでは得られないデザインが可能です。シート圧着のため表面に貼り付けられた感じの仕上がり(生地にインクが染みこまない)になります。生地は「綿」「ポリエステル」「ナイロン」に対応。多品種少量製作向け

プリント方法-昇華転写

【昇華転写プリント】ポリエステル生地もしくはポリエステルコーティングされた素材にのみプリント可能で、本体色「白」限定になりますがかなり高精細なフルカラープリントができます。耐久性が高く細かいデザインの再現に優れていて、版不要のため小ロット1個から製作可能です。

プリント方法-UVインクジェット
【UV硬化インクジェットプリント】プラスチック製品からアクリル、金属、ガラス、木、革などにフルカラー印刷可能です。版不要につき小ロット(1個から)での製作も可能。白インクと透明インク搭載。UV照射で瞬時にインクが乾くため短納期も可能です。

メールにてご入稿いただく場合

メールフォームにてお問合せ頂きましたら、1営業日中に弊社からお見積りをお送り致しますので、届きましたメールに返信にてご入稿頂いております。一手間お掛け致しますがご了承ください。

◆Adobe(アドビ)Illustrator(イラストレータ)CC以下のバージョンにて承っております。

  • ファイル形式は「ai」「eps」「pdf」、フルカラーの場合にはカラーを「CMYK」に変換し、保存をお願い致します。
  • 印刷可能(目視にて認識可能)なフォントサイズは6pt以上、6pt以下ですと読みにくく掠れやすい為お薦め出来ませんが、何となく認識できれば良い程度のデザインでしたら、印刷自体は可能です。
  • 線幅も0.3pt以下ですと掠れやすい為、0.3pt以上での作成をお薦めいたします。

◆Adobe(アドビ)Photoshop(フォトショップ)CC以下のデータでのご入稿も可能です。
以下、何点か注意点がございます。

  • フルカラー印刷で白インクを使用する場合、必ずアウトライン化が必要になります為、一部を白で印刷したい場合などは、「イラストレータ」でアウトライン化した状態でご入稿ください。
    ※白背景でご入稿頂いても、印刷時は白背景の部分は透明と認識されます。
  • 解像度350dpi以上、カラーはCMYKにて保存した「psd」形式ファイルにてご入稿ください。

◆画像や写真でのご入稿も可能です。

  • 「jpg」「gif」「png」形式の画像や、スマホで撮影された写真なども対応可能ですが、解像度の低いものですと鮮明に印刷出来ませんので、解像度350dpi以上の画像、もしくは出来るだけ大きい画像にてご入稿ください。
  • 画像でご入稿いただく場合、RGBカラーのものが大半になりますので、こちらでCMYKに変換いたしますと色味が変わります。(特に青や緑は色の変化が顕著です)色味の変化をご納得いただくか、CMYKに変換できるツールをお使いいただき、ご入稿ください。

データ入稿メールアドレス order@b-goods.net

 

印刷色・書体サンプル

印刷色(名入れ色)は以下、参考色になります。尚、お手持ちのディスプレイの色合いと、実際の色は異なる場合がございます。
コーポレートカラーなど細かい色指定(特色)をご希望の場合には、DICカラーガイドの色番号にてご指定をお願い致します。尚、出来る限り近いお色にて仕上がりを調整致しますが、全くの同一色で製作という保証は致しかねます。
また商品の本体色により、ご指定頂いた印刷色と実際の印刷色に違いが生じる場合がございます。
たとえば、本体色が濃色(黒・紺など)に赤や青で印刷致しますと、デザインにより印刷色がご指定の色より暗く見える場合がございます。本体色と印刷色の兼ね合いに関して気になる方は、お気軽に営業担当までご質問ください。

【印刷参考色】

印刷参考色

【書体サンプル】

書体サンプル

Scroll Up